事実とは異なる口コミ・評価サイト

クレジットカード現金化業界の集客は検索エンジンから自社サイトに訪問者を導く、いわゆる「サーチエンジンマーケチング」をメインとした集客を行っています。

この検索エンジンを使い「クレジットカード現金化」や「クレジットカード現金化 口コミ」等の検索ワードで表示されるサイトは、「オーガニック検索結果」や「リスティング広告」を含め、現金化業者自体(店舗HP)では無く、現金化業者を評価する口コミ・評判・ランキングサイトとなっており、現金化業者自体への利用者の流れは検索結果やリスティング広告によって表示されている「口コミ・評判・ランキングサイト」から移動してくる流れとなっています。

すなわち、クレジットカード現金化業者の集客は「口コミ・評判・ランキングサイト」の表示結果(オーガニック検索結果・リスティング広告表示ともに)やサイト内での評価によって変わってくるのです!

口コミ・評判は信用できるの?

なぜ口コミサイトなどから集客を行うのか?

それではなぜ店舗HPからではなく、口コミサイトなどから集客するのでしょう?

その理由はいくつか考えられますが、大枠の大前提としてインターネットを使った集客である「サーチエンジンマーケチング」ではGoogleやヤフーを使用した検索上位に表示されなければ大きな集客は見込めません!そのため検索されるワードとしては様々なワードが考えられるものの、「クレジットカード現金化」「クレジットカード現金化口コミ」などの申し込みにつながりやすいクレジットカー現金化の裏側検索ワードで上位表示される必要があるわけです!

この上位表示させるための対策を表示させるサイトで行わなければなりません。

その対策自体を店舗HPよりも口コミサイトなどの「広告サイト」で行うほうが都合が良いことが理由となります。

なぜ広告サイトのほうが都合がいいのか?

口コミサイトなどのいわゆる「広告サイト」は現金化業者自体が作成・管理・運営しているものや、広告代理店(クレジットカード現金化業界を対象にする広告代理店の多くは現金化業者と深いつながりがある会社が多い)が作成・管理・運営しているものが大半を占めています。

この広告サイトを使って集客する理由は先にも紹介した申し込みにつながる「検索ワード」で上位表示させる対策を行うのに都合がいいためです。
都合の良い大きな理由として、検索エンジンからの集客対策であるいわゆるSEO対策は手間と時間がかかることが大前提として挙げられます。

業者名やサイトURL(ドメイン)が数年ごとに変わる

クレジットカード現金化業者のサイト上には「創業10年」などと記載している業者が多く存在しますが、実際に老舗といえる営業年数が長い業者は一握りしか存在しません。

その理由は業者名をコロコロ変えて別サイトとして商売を行う業者が多いためです。

運営上では長く営業しているほうが有利なことが多い中、わざわざ屋号を変える理由は税金上の問題なのか、手続きの不明瞭さからクレームが多く溜まったためなのか、利用者を騙すような手続きを行っているため、早めに痕跡を消すためなのかは不明ですが、ポジティブな理由は浮かんできません。

また、創業数か月でもサイト上に創業数十年と記載していれば利用者を欺けると思い込んでいるのかもしれません。

この様な理由から、業者サイト自体に時間と手間をかけてSEO対策を行ってもすぐに業者名やURL(ドメイン)変わってしまっては、また一から対策を始めなければならないこととなり、この手間を省くことが理由の一つと言えます。

同グループ業者を一度に紹介できるため

クレジットカード現金化業者の多くはいくつかのグループに所属しているといわれています。

広告用の「口コミサイト」や「比較サイト」を作り、同グループ内のいくつかの業者をおすすめ業者などとして紹介することで、広告サイトの作成・運営・管理にかかる費用を抑えることができることも理由の一つです。

この理由はリスティング広告に表示される「広告サイト」でも同じことが言えます。

ライバル業者の誹謗中傷記事も作成できる

広告サイトをSEO対策することでライバルとなる現金化業者を調べている利用者をサイトに引き込み、事実とは異なる悪評を流すことで自らがおすすめする業者に申し込みを切り替えさせることもできます。

近年は実際に調査した内容を記載している口コミサイトはごく少数であり、多くは事実と異なる内容を書き並べています。

当サイトでおすすめできる業者として紹介している「ビックギフト」もクレジットカード現金化業界では良い意味で異端のため、多くのライバル業者から事実とは異なる誹謗中傷記事を書かれています。

特に某グループのクレジットカード現金化業者が運営や関わりのある「口コミサイト」はその規模の大きさからか量産する形で多くのサイトを作成しています。

もちろん、検索エンジンに上位表示させる技術と工夫を凝らしたSEO対策にもお金をかけているようで、検索ワードで「クレジットカード現金化」や「クレジットカード現金化口コミ」などのワードを入力すると、検索結果上位には某グループが関わる「口コミサイト」が多数表示されます。

これらのサイトでおすすめ等と高評価されている業者は、実際の換金率は70%前後のため、実質80%以上の換金率で営業するライバル業者は邪魔者でしかないのでしょう!邪魔者を排除するためだけに「事実とは異なる悪い口コミや調査内容」を記載するページを多く作成しています。

広告用サイトの多くは真実の内容ではない

いわゆるステルスマーケテイングともいえる「口コミサイト」等ではサイトを運営・管理するクレジットカード現金化業者に有利な内容しか書かれていません。

もちろん、実際に業者を調べて事実のみを記載しているサイトも存在しますが、その数は全体の数%程度です。

特にライバル業者を著しく誹謗中傷するサイトの信頼度は低く、運営者の道徳心も低いサイトと判断できるため、その道徳心の低いサイトに書かれている内容を鵜呑みにしてしまうことは危険な行為だと思います。

この事実を理解したうえで、クレジットカード現金化業者を探し出す1ツールとして利用することをおすすめします。