ビックギフトへの口コミや評判が悪いサイトが多いのは!

クレジットカード現金化業者のビックギフトは古くから営業している老舗現金化業者です!

買取方式の現金化業者の先駆け的な業者であり、現金化業界がキャッシュバック方式全盛の時代からその営業方針は定評があり、多くの好意的な評判が多い業者でした。

しかし、近年では検索サーチで「ビックギフト」や「ビックギフトの口コミ」、「ビックギフトの換金率」などと検索をかけると悪い評判が目立つようになってきました!

その理由は営業方針が変わったからなのか?他の業者の営業方針が向上されたのか?答えはどちらも違います!

理由は一つ、他のクレジットカード現金化業者から見れば目障りな存在となったためです!

誹謗中傷の口コミ

目立った存在は嫌われる

2014年ごろからビックギフトはネット検索上でも多くの好意的な体験談や口コミが多くありました。

いかにも現金化業者が作っているようなサイトだけでなく、個人ブログの1記事としても利用経験などが良い業者として紹介されているものも見受けられました。

実際に他の多くのクレジットカード現金化業者とは異なり、店舗サイト内には大袈裟な誇大表記はなく、サイト記載通りの換金率で利用ができ、電話対応も良い業者として有名な存在となっていきました。

余談ではありますが、この時代の現金化業者の多くは闇金業者に負けないぐらいの高圧的で敬語すら使えないような業者ばかりであり、サービス業では当たり前の敬語で安心感ある対応を行っていただけでも評価は非常に良い物でした。

しかし、ネット上の評判も良く、検索エンジンでも上位表示されるビックギフトは他の現金化業者からすれば目障りであり、このころから徐々に2チャンネルなどで事実とは異なる内容での誹謗中傷を受け始めたようです。

どの業界でも目立った存在は古参の者たちに嫌われるものです。

運営方針も敵視される理由です

一般的な業種の場合には当然のことである、お客を騙すような行為は行わないことがクレジットカード現金化業界では当たり前のように行われておらず、現在も多くの現金化業者は行っていません

ビックギフトはそのような古い業界の悪習は行わない、「サイト表記通りの換金率で営業」するスタイルは他の悪習を当たり前のように行っている業者からすると邪魔物で以外の何物もないようです。

実際の換金率がサイト表記より低くなる業者の利用者への言い分は「他の業者も同じ」「現金化業界では後から手数料や消費税がかかるのは当り前」などと説明しているため、まともにサイト記載通りの換金率で営業を行われては困ってしまうわけです。

そのような真面なクレジットカード現金化業者は古い体質の現金化業者からすればもはや敵でしかないのでしょう。

古い体質の業者もSEO対策に力を注ぐようになった

同業種で目立った評判の良い店舗が存在する場合、通常は自らのサービスを向上することを行います。

クレジットカード現金化業界でもサービスの向上と言う点では、ビックギフトを見習ってか、電話応対に関しては良くなったようです。

しかし、肝心の換金率(還元率)に関してのサービス向上は行っておらず(行えないのか?)、相変わらず閲覧者を騙す表記でコンバージョンを狙う営業方法を続けています。

しかし、大きく変わった点は、他の現金化業者はいくつかのグループに所属している資金力と数の力でSEO対策を強化したようです!

インターネット上で商いを行う業種にとっては、現金化や業者名で検索上位にランクインすることは大きな収益につながります。

一般的な業種の場合には「売り上げにつながるキーワード」で上位に表示されることに力を注ぎますが、ダークな風習が残るクレジットカード現金化業界では邪魔なライバル業者を叩き潰す手段としてのSEO対策にも力を入れているようです。

「ビックギフト」や「ビックギフト 口コミ」、「ビックギフトの評判」などのキーワードで上位表示させるページを大量に作り、そのページには事実とは異なる全くでたらめの悪い噂を書き込み、ビックギフトを探しに来た人たちに対して悪い業者と言う印象操作を行っているのです。

ネット上で商いを行う業種にとっては、自らの屋号に対して誹謗中傷を書かれた記事が検索上位に出ることは大ダメージとなります!

また、ネット上では深くまで真相を探る利用者は少ないため、上位表示されるサイトに書かれていることが「真実でなくても真実のように伝わってしまいます」

真実ではない誹謗中傷でもサイトは消されない

そのようなサイトがあればどこかに訴えを出してサイトを消すことができるのでは?

こうお考えに方も少なくないはずです!

しかし、個人の名前を特定した誹謗中傷とは違い、企業名や屋号への誹謗中傷に関してはなかんかそうもいかないようです。

サーバー運営所に届けを出したとしても、そのようなサイトの多くは海外のサーバーを使用していることが多く、また何か届けを出された場合には海外サーバーに移行する準備を整えているため、日本の法律では裁くことや削除依頼を出すことは困難です。

また相手業者の居場所が判明していない(クレジットカード現金化業者の多くは実際の事務所ではない適当な住所をサイトに記載しています)以上、弁護士経由の届けも出すことができません。

ここまで聞くと事実とは異なる誹謗中傷をネット上にまき散らす業者たちはヤバい業者のような気になってしまいますが、あながち間違いとは言い切れません!

まとめ

クレジットカード現金化業界では業者を評価する口コミや評価サイト自体、信用度が低くなっています。

検索サーチで上位表示される情報が真実と勘違いされてしまう現状では、真実か否かよりもSEO対策に優れた資金力のある企業が発信する情報が「たとえ嘘でも真実とされてしまう」状況です。

ビックギフトはそのまっとうな営業方針からライバル業者に敵視されてしまったが上に、ネット上での事実とは異なる誹謗中傷を浴びせられているようです。

実際にクレジットカード現金化を考えている方はその点も分かった上で業者選びを行うことが大切です。