クレジットカード現金化業界の広告とは

クレジットカード現金化業界での広告宣伝は限られています!

一昔前までは新聞広告やパチンコ雑誌の広告らでも現金化業者の広告を見ることができましたが、現在では手稿できる媒体も少なくなったことや、費用対効果が低いことなどからこれらの広告は少なくなっているようです。

現在ではネット上での広告宣伝が主流であり、広くとらえるといわゆるステマと言う手法での広告宣伝になっているようです。

現金化の広告はステマののか?

ステマとは

ステマと言う言葉は聞いたことがある単語だと思います!

正式には「ステルスマーケティング」と呼びその意味合いは

消費者に宣伝行為・販促活動であることを悟られないような形で行われる宣伝・販促活動のことである。英語ではundercover marketing(アンダーカバーマーケティング)と呼ばれることが多い。

「マーケティング」という言葉には市場調査や分析、競合調査、販売戦略の立案、流通チャネルの選定・確保、といった多種多様なプロセスが含まれ得るが、「ステルスマーケティング」という語におけるマーケティングはもっぱら「宣伝」の意味において用いられる。

引用サイト:IT用語辞典バイナリ

とされているようです。

ステマは違法行為なのか?

企業や個人が宣伝であることを隠して行う宣伝活動である、いわゆる「ステマ」ですが、

法律的には違法な手段なのでしょうか?

結論から伝えると、商品やサービスにかかわる企業や個人が名前を出さずに行う宣伝活動は違法ではありません。

しかし、その内容が事実とは異なる内容が含まれる場合には「景表法」に反している違法行為となります。

口コミサイトなどででも事実と異なる内容をその商品やサービスにかかわる企業や個人が書き込む行為も「景表法」に含まれるようです。

クレジットカード現金化業者の口コミサイトはステマなのか?

クレジットカード現金化業界で業者を比較するサイトなどは何かしら業者や業者グループと関連がある管理者が運営するサイトです。

第三者の視点で書かれている口コミや評価内容も実際には現金化業者が関わっているため一般的にはステマとなります。

広告代理店を通して広告掲載している場合もありますが、その広告代理店の多くは元現金化業者スタッフや金銭的な利害関係がある中で一部の業者を第三者目線で良い評価としている行為は「ステルスマーケティング」となります。

他の公告方法がな現金化業界ではこのステマ口コミサイトは当り前になっており、Googleアドワーズ広告を使用した広告さえも第三者企業を装ったステマ広告です。

この第三者を装った評価サイトやランキングサイトの手法はクレジットカード現金化業界に限らず、他の業界でも一般的な手法であり、法律上でも違法行為ではありません。

ステマに限らず事実と異なる広告は違法である

ではステマは違法でないなら行ってよいかと言うと、道徳的には様々な意見があると思います。

しかし、間違いなく法律的にも道徳的にもダメな広告手段となるのは「事実とは異なることを本当のように書き、利用者を騙す行為」です。

たとえステマでない広告であっても嘘・大袈裟・真際らしい広告「景表法」に違反した行為です。

残念ながらクレジットカード現金化業界の口コミや評価サイトはステマであり嘘・大袈裟・真際らしい「景表法」に違反したサイトがほとんどです!

ビックギフトの口コミサイトは?

ビックギフトのライバル業者が関わる比較サイトや口コミサイトではよく「ビックギフトはステマサイトを量産する悪徳業者」などの記載があります!

この記載があるサイト自体がステマサイトであるため全く説得力はありませんが、ビックギフトが関わっている可能性がある口コミサイトももちろん存在します!

そのサイトがステマであるかと言うとステマに当てはまります!

しかし、その内容はビックギフトの営業方針と同じで事実の内容以外は記載していません。

一貫した嘘偽りは行わないスタイルを貫き通しているためです!

そのため「景表法」を違反する嘘や大袈裟・真際らしいは行っていないサイトです。

まとめとして

クレジットカード現金化業界に限らずインターーネット上で商いを行う業種ではステマと言う手法は決して珍しくはありません。

道徳上ではこのステマを良しとするか、どのような事情でもダメと判断するかはその記事を見ている人の判断基準となります。

法律上でもその行為自体は違法ではありません!しかし、その内容が事実と異なる広告先に有利誇大内容である場合は違法な広告となり、利用者を騙している行為となります。

人それぞれ判断基準は違うこともありますが、根本的な法律違反や利用者を騙すようなステマサイトとそれ以外のステマサイトを線引きすることもネット上では必要だと思います。