ビックギフトの換金率以上の業者は存在するのか!

ビックギフトのホームページには「業界最高換金率で即日現金化」の記載がサイト上部に大きく記載されています!

検索サーチで「クレジットカード現金化」や「クレジットカード現金化口コミ」等と調べてみると、数えきれないほどの口コミサイトや業者のサイトが表示されおり、それらの現金化業者のホームページを覗いてみると換金率(還元率)90%以上の利率を謳っている業者が大半を占めています。

90%以上の利率で手続きができる業者が存在するのならばビックギフトの「業界最高換金率」の文言は虚偽の表記となりますが、その真実を調査してみました。

ビックギフトの換金率

換金率は80%~82%

現金化業者の半数以上は電話での問い合わせで実際の換金率(還元率)を教えてくれません。

そのような習慣が根強く残る業界内において「ビックギフト」は電話問い合わせではっきりと換金率を教えてくれます!その際には5万円以下の申し込みの場合は振込手数料が500円かかることも事前に伝えてくれます。

電話では適当なことを伝える業者も存在するため、ビックギフトも同類なのではと少し疑いは持つ者の、実際に申し込みを行うことでその疑いは払しょくされます。

ビックギフトでは身分証明を送るためのメールが申し込み後の本人確認後に届くのですが、そのメール内にしっかりと「いくらの申し込み(決済金額)で、いくら振り込まれるか」の記載があるのです」
そう!書面としてしっかり残す形で身分証明を送る前に金額提示をしてくれるのです。

身分証明を送らなければ実際の換金率(還元率)を教えないクレジットカード現金化が多い中で事前に書面で伝えてくれるこの業者の潔さには感服します。

参考までに以下がビックギフトの実際の換金率となります。

■1万円~29万円=80%
(1万~4万の申し込みの場合には振込手数料500円が掛かります)
30万円以上=82%
※申し込みの単位は1万円区切りとなっています。

90%以上の業者は存在するのか?

それでは換金率(還元率)が90%以上のクレジットカード現金化業者は存在するのか!

答えから伝えると存在しません!

現金化の方法は買取型キャッシュバック型の2種類に分けることができます。
現状の現金化業者の多くは様々な理由からキャッシュバック型で営業している業者が多く、ネット上で確認できる口コミ広告サイトなどから紹介されている業者は80%程度はキャッシュバック型です。
(買取・キャッシュバックを併用している業者も存在します)
この口コミ広告サイトなどに掲載されている業者達が同一グループに所属していることも要因なのかもしれませんが、買取型とは違い、買い取った商品を転売する手間やルートを確保する必要がないため、新規の業者参入もしやすいこともキャッシュバック型業者が多い理由の一つでしょう。

キャッシュバック型はクレジットカードの決済代行業者を通じてカード決済処理を行います。

このカード決済代行での決済は、飲食店でのカード加盟店決済手数料とは違い高い手数料がとられます。(カードブランドの違いによっても変わるが、6%~10%程度の手数料と言われています)

また、大手グループに所属している業者の場合には加盟店手数料的な料金をグループ会社に支払わなければなりません。

さらにはキャッシュバック型の場合には消費税がかかります!この消費税を支払らっていない業者は税金など無視しているヤバい業者です。
通常の商いをしている場合は消費税金額を利用者に請求しなければなりません。

ここまで説明するともうお気づきだと思いますが、例えば現金化利用者が20万で利用した場合

■カード決済手数料を安く見積もって6%として1万2千円
■加盟手数料が4%としても8千円
■消費税が8%で1万6千円
手数料・消費税の合計が3万6千円となります!

某現金化業者である○○フでは20万円の還元率を92%と記載しています!
その内容が真実ならば20万円の利用者に支払う金額は18万4千円となります。

手数料合計と支払額を足した金額はなんと22万円!

20万円の利用者の手続きを行うことでこの業者は2万円の赤字となるのですが・・・
みなさん、利用者の手続きを行うたびにマイナスとなる商いをしていると思いますか?

そうです、そのような慈善事業をおこなう現金化業者など存在していません!

少なくとも経営を続けていくうえで粗利益は10%以上は必要です。
そう考えるとこの某クレジットカード現金化業者の実際の還元率は最高でも71%程度と計算できます。
※信用度が高い現金化業者調査サイトの情報でも利用者の声として69%~71%だったとの声も見られます。

この様にキャッシュバック型でのクレジットカード現金化業者では70%程度の還元率でなければ商売が成り立たないのです。

老舗の買取型であるから換金率が高い

クレジットカード現金化業者のビックギフトの手続き方法は買取型です!

買取型の場合には買い取った商品をいくらで転売できるかによって現金化利用者への換金率も変わってきます。
創業数年程度、または買取型での営業経験の少ない業者の場合には買い取った商品の転売先も限られているため、業者に利益を確保するためには利用者への換金率は低くなってしまいます
買取型での新しい業者の場合は73%~75%程度の率となる業者が多いのもこれらの理由からです。

ビックギフトは買取型の先駆けとなる老舗の業者です。
その経験と信用から転売の経験も豊富なのでしょう、または利益を削っているのかは差だけではありませんが、実際の換金率が80%~82%なのは「業界最高換金率」と謳っても間違いではないでしょう。

まとめ

記載内容に偽りなしで営業するビックギフトですが、ホームページに大きく掲げる「業界最高換金率」に関しても調査結果としては間違いがないと判断できました。

換金率が高いこともこの業者の強いところですが、何よりも根拠のない虚栄の経営方針や偽りの表示での集客を行わない姿勢こそお金を扱う業者として、大きな信用を持っていると言えます。